千葉・茂原の注文住宅・一戸建て・自然素材の家ならグリーンワールドへ

からだにやさしい
天然木もみの木の家づくり

▶ SITEMAP 住宅のことなら何でもご相談ください

もみの木はどんな木?

もみの木はどんな木?
もみの木学名をabies(アビエス)といい、ラテン語で「永遠」を意味します。
もみの木といえば、一般的にはクリスマスツリーを思い出しますが、どうして「もみの木」が使われたのでしょうか?
昔、ヨーロッパでは狩猟民族が多く、冬の寒さの厳しい時は冬ごもりをしていました。限られた空間の中の生活ではウイルスや風土病などにより、幼児や体の弱いお年寄りが命を失っていました。
そこで体験的に知った抗菌効果に優れた「もみの木」を家の中に入れることで、家族を守ったのがクリスマスツリーの起源といわれています。
もみの木の利用
北欧諸国では古くから、建築材料としてだけでなく、葉や枝から精製される精油は、松に似た爽やかな香りを持ち、消臭剤、入浴剤、石鹸、歯磨き剤、のど飴、風邪やリュウマチなどの治療に利用されています。
日本では世界遺産になっている姫路城の城郭や、長野諏訪大社の御柱祭り、また、腐敗・酸化防止のため、食品の保存容器などに利用されています。
ー用途例ー
神棚、祭壇、絵馬、御札、護摩木、結納台、羽子板、搭婆、位牌、ピアノ、ヴァイオリン、すし桶、おひつ、そうめんの箱、かまぼこの台、など
弊社で扱っているもみの木は
もみの木の施工までの流れドイツの自然公園シュバルツバルト(黒い森)で、森林保護のため計画伐採された樹齢150年以上のもみの木です。ここのもみの木は植林ではなく、天然更新で、厳しい環境下で育っているので、生命力が違います(カナダ産もあります)。
丸太のまま海上輸送され、通関したあと、宮崎県小林市で検品、柾目(まさめ)に製材されます。木に正しい、と書くこの柾目には、年輪に対しほぼ直角に切り出さなくてはならず、とても効率が悪いのですが、乾燥させたときの反りや歪みが少なく、何より調湿性能が高くなります。
もみの木の細胞が壊れないよう時間と手間をかけて、太陽光と「霧島落し」と呼ばれるこの地域特有の乾いた風に晒して自然乾燥した後、用途別に選別し、サイズを整え、さねや浮造り(うづくり)加工します。
主に床材となる、浮造り加工を施したもみの木は、表面積が大きくなるので、さらに調湿性能やフィトンチッドの放散量が高くなり、滑り止めと同時に、足裏へ心地よい刺激を与えてくれます。
ひび割れなどの最終チェックを通過した選りすぐりのもみの木は、工事の進捗に合わせて現場に到着し、梱包を解いてしばしその環境に馴染ませてから床や壁、天井に施工されます。
お問合せはコチラ

Page Top