2代目を目指し日々勉強中です。 建築の勉強を一から始めるので、お客様目線で感じた事、気付いた事をつづっていきます。

ドイツ研修1日目-1

12月11日~17日の4泊6日でドイツ研修に行ってきました。
弊社で扱っている『モミの木』がドイツ原産なので『モミの木』がどういった環境でどのように育ち、私たちの元に届くかを調べにいきました!
25-1ドイツのフランクフルト空港から2~3時間行ったシュバルツバルトという森で『モミの木』は育っています。
シュバルツバルトは別名「黒い森」と呼ばれています。
昔の人たちは森の事を銀行というらしいです。
お腹が空けば森に食糧を採りに行き、お金が欲しければ木を伐採して町に売りに行きます。
「森=財産」という考えがあるので殆どの森がきちんと手入れをされています。
ドイツ人の木に対しての意識の高さを一日目から感じました。

25-2これから「モミの木」の伐採をします。
左二人が木を切る職人さん。右が通訳の仙田さん。

25-3奥の黒い服の人がいる横の木を伐採します。
樹齢100~150年の木を選んで切ります。

25-4切り倒した後に枝打ちをします。
倒してから木の大きさや長さを実感しました。

25-5木は多くの水分を含んでいるので切った直後はあまく絞った雑巾並に水分を感じる事が出来ました。
人間や動物も怪我をしたら血が出るのと同じですね。

25-6
25-7
25-8
25-9
25-10最後に木を切っていただいた方たちと写真を撮りました!
左3人が木を切る職人さん。右が一緒に行った谷田貝先生。

最近投稿の記事

投稿カテゴリー

月別アーカイブ

投稿カレンダー

2018年9月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

投稿画像

  1. OFFICHAL SITE
  2. 女社長奮闘記
  3. 店長通信
  4. みんなのスタッフ通信

FEED
ATOM

Page Top